*

残業がイヤならコールセンターへの派遣がおすすめなワケ

コールセンターの派遣が残業少ないってホント?

残念ながら日本の会社は残業ばかりで、ひどいところでは残業代すら出ないような会社もありました。

しかし、コールセンターの派遣なら残業が多いと感じている人はたったの5%なんです!

これならお仕事が終わった後に友達とゆっくり飲んだり、趣味を充実させることができます。

コールセンターへの派遣なら残業は少ないのですね♪

コールセンターでお仕事している人の口コミ

30代/女性/大阪

飲食店のお仕事をしていましたが、毎日のように終電近くまで残業していました。

若いときはそれでも良いと思っていましたが、30になってしんどくなりました。

コールセンターへの派遣は朝から夕方までの規則正しい生活もできるし、お仕事を変えてよかったなと思います。

 

20代/女性/東京

システムエンジニアをしていました。

システムのトラブルで仕事終わった後に呼び出されたり、納期が近づいて来ると家に帰れなかったりと先が見えませんでした。

コールセンターへの派遣は残業が本当に少ないので、プライベートを充実させるために趣味を始めたり、婚活始めたりと余裕のある生活ができていますよ。

 

30代/女性/兵庫

パソコン関連のコールセンターですが、残業はそれなりにあります。

お客様の状況などもあるので、お問い合わせの途中で担当を変えにくいのもありますね。

達成感があるので、他の業界に行きたいとも思っていませんが、残業が嫌な人には確かにオススメはできませんね

 

 

コールセンターの派遣で残業をしないためには?

 

お仕事の後に予定がある人にとっては、30分の残業でもイヤですよね。

そういう人にはお仕事の終わりを管理しやすい発信業務というお仕事がオススメです。

受信業務といわれるお仕事と比較して何がオススメなのかを見てみましょう。

 

受信業務への派遣

受信業務とは、お客様からの問い合わせを受けるお仕事になります。

パソコンのサポートをするコールセンターで受信業務をする場合は、お客様からパソコンの使い方についての問い合わせを受けて、それに答えるお仕事になります。

そのため、お仕事の終了時間の直前にお客様からの問い合わせを受けた場合は、その問い合わせが終わるまでお仕事をやめるわけにはいきません。

もちろん直前にお問い合わせがあったからといって、30分や1時間も残業をするわけではありませんが、15分の残業もキビシイという人にはオススメできないお仕事です。

 

発信業務への派遣

発信業務とは、お客様に新しい商品やお得なサービスのご案内をするお仕事になります。

例えば、新しいパソコンが発売されたときに会員のお客様にお知らせをしたりするお仕事になります。

受信業務と違って電話をかけるのはコールセンターからになります。

お知らせする内容も伝える時間もわかっているので、お仕事の終わりを自分で調整することができます。

また、発信業務の中でもご案内と営業の2種類の業務があります。

ご案内はお知らせして終わりのお仕事ですが、営業は相手を説得して契約をしてもらうのがお仕事になります。

営業はお客様とのやり取りがあるので、1回1回の電話の時間が読みにくいです。

残業をできるだけしたくないのであれば、内容をお知らせして終わりのご案内のお仕事がオススメです。

もし、絶対にご案内の業務がやりたいのであれば、金融業界のコールセンターで発信業務を希望してください。

金融業界では資格を持っていなければ、営業することを法律で禁止されています。

そのため、採用されてしまえば、ご案内のお仕事をすることができます。

 

受信や発信業務に関する口コミ

30代/女性/愛知

受信業務はお客様からありがとうと言ってもらえるし、やりがいのある仕事です。

ただ、定時の直前に電話がかかってきてしまうと少しがっくり来ます(笑)

5分くらいだと思ってもイヤなものはイヤですね。受信業務なので仕方ありませんが。

 

20代/女性/兵庫

コールセンターで金融業界で発信業務をしています。

わたしは1分でも残業はしたくないので、定時が近づいてくると少しソワソワしてしまします。

お客様に案内するのがお仕事ですが、長くても2分くらいで終わるので、定時の3分くらい前に最後の電話をするように微調整をしていますね。

発信あるあるだと思いますよ♪

 

30代/女性/神奈川

私は受信も発信も両方やるコールセンターで働いています。

受信のほうが確かに直前に問い合わせを受けてしまうことがあるので、残業が多いですが、5分とか10分程度なのであまり気にはなりません。

 

 

コールセンターの受信でも残業が少ない派遣先ってありますか?

コールセンターの発信のお仕事のほうが終わり時間を調整しやすいことを説明しました。

しかし、受信のお仕事も業界を選ぶことでほぼ残業をなしにすることができます。

具体的にどんな業界であれば残業を少なくできるのかを見てみましょう

通信業界への派遣

パソコンに関するサポートやインターネット回線などの問い合わせを扱う業界になります。

この業界は1回1回のお問い合わせにかかる時間が長くなる傾向があります。

例えば、パソコンで困っている場合には、そのパソコンがどういう状態なのかを把握した上で解決をしなければなりません。

お問い合わせの内容によっては30分前後の対応になることも珍しくないため、残業を避けたい人にはオススメできない業界になります。

金融業界への派遣

銀行口座やクレジットカードなどに関するお問い合わせを受ける業界になります。

問い合わせの内容にとって窓口が細分されており、また、問い合わせの種類もその回答も限られているため、通信業界ほど1回1回のお問い合わせにかかる時間は長くありません。

発信業務も1回の対応時間が短いため、残業が嫌な人にはオススメの業界になります。

通信販売業界への派遣

通信販売業界はテレビショッピングなどの通販に関する注文や問い合わせを受けるのが主なお仕事になります。

基本的には何を買うのか、どこに届けるかといったことを聞くだけなので、対応時間も2~3分もかからないことが多いです。

受信業務の中では5分以上残業する可能性が最も少ない業界です。

特に業界としての希望がなく、残業がとにかくイヤだというのであれば、オススメできる業界です。

業界に関する口コミ

20代/女性/北海道

通信業界は残業が多いで有名ですね。

受信は金融でしかやったことありませんが、まわりも含めて残業なんてほとんどありません。

特にこだわりがなければ、金融の受信業務を選べば間違いないと思いますよ。

 

30代/女性/静岡

通販のコールセンターをやっています。

1回の対応は1分前後だと思います。たまにゆったりとしたおばあちゃんだと2分くらいかかってしまうことはあります。

残業はほとんどありません。2年ほどやっていますが、30分以上残業した記憶がないので、どこも同じような感じだと思います。

 

まとめ

コールセンターのお仕事は残業の少ないお仕事です。

お仕事先をしっかり選べれば更に安心ですね♪

あなたにぴったりなコールセンターを紹介してくれまる派遣会社を選びましょう。

 - 残業なし

  関連記事

アパレル・コスメ販売なのに派遣なら残業知らず?

目次1 派遣ならアパレル・コスメ販売は残業なし?1.1 派遣で働いている人の口コ …

事務で残業がイヤなら、銀行事務への派遣がオススメ?

目次1 派遣事務で残業がしたくないなら銀行事務?1.1 銀行事務で働いている人の …

データ入力の派遣って残業どうなの?

目次1 派遣のデータ入力は残業の少ないお仕事?1.1 データ入力で働いている人の …

残業のないオフィスワークなら受付への派遣?

目次1 受付はオフィスワーク派遣で残業がイチバン少ない?1.1 受付で働いている …