*

アパレル・コスメ販売なのに派遣なら残業知らず?

派遣ならアパレル・コスメ販売は残業なし?

「アパレルやコスメのお仕事は楽しいけど、残業はイヤ!」

「お仕事だけでなく、プライベートも充実させたいな」

おしゃれもできて楽しいお仕事ですが、とにかく残業がたくさんある業界です。

続けたくても、肉体的にツラくて辞めてしまう人が多い業界でした。

しかし、派遣社員なら残業が多いと感じている人はわずか1%しかないんです!

これなら大好きなアパレルやコスメ販売のお仕事も続けながらプライベートも充実できちゃいます。

派遣社員ならアパレル・コスメ販売でも残業がなさそうですね♪

派遣で働いている人の口コミ

20代/女性/東京都/アパレル

アパレルのお仕事は本当に楽しいのですが、毎日終電近くでホントに限界でした。

でも派遣なら残業が少ないという話をネットで見つけて思い切って正社員をやめました。

今は定時で帰れて、積極的に合コンにも参加しています(笑)

30代/女性/大阪/コスメ

化粧品に前から興味があって、販売のお仕事につきました。

残業ナシと聞いていたのですが、実は最初の1週間は毎日1時間も残業がありました。

でも、派遣会社のスタッフさんが気づいてくれて、すぐにクレームを出してくれたんです。

おかげでホントにぴったり時間通りに帰れるようになりました♪

派遣会社が交渉してくれるのはアルバイトや契約社員にはない強みだと思いますね。

 

 

アパレルとコスメの派遣ではどっちが残業少ない?

 

アパレル・コスメのどちらのお仕事も派遣社員であれば残業はほとんどありませんが、他の人も気にしてしまう人やどちらのお仕事にしようか迷っている人も多いです。

実はコスメ販売のほうが業界として残業が少ないと言われているのですが、なぜなのかを見ていきましょう。

 

アパレル業界への派遣

アパレルを含む販売のお仕事は土日や休日、年末年始といった日が共通して忙しいと言われています。

アパレルにはこれらに加えて、夏と冬のバーゲンといわれる7月と12月がとっても忙しくなっていきます。

バーゲンに向けた店内準備だけでなく、バーゲン期間中はお客さんの数も増え、お店によっては営業時間を変更して長めに営業するお店もあります。

このようにバーゲンで忙しくなる分、他の販売のお仕事より忙しくなってしまうことがあります。

 

コスメ業界への派遣

コスメ販売も土日や休日といった、みんなが買い物に行く日はお客さんが増えて忙しくなります。

しかし、コスメ販売は販売のお仕事の中でも残業が少ない部類になります。

理由として、まずアパレル業界のように季節に向けたセールがほとんどありません。

セールがないということは特定の時期にお客さんが集中することもないですし、その準備もありません。

また、年末年始の福袋もブランドや店舗によっては全くやらないところもあります。もし、年末年始の残業も絶対にムリなら、福袋のあるかないかも調べてみるとよいでしょう。

このようにアパレルとの比較だけでなく、販売職の中でも残業の少ないお仕事がコスメ販売です。

 

アパレル・コスメ業界でお仕事している人の口コミ

30代/女性/神奈川/アパレル

やっぱりアパレルはセール時期は忙しいですね。普段気を使ってくれる人もセールの日はいっぱいいっぱいという人も多いです。

私は派遣なので、セールに向けた準備のために閉店後の準備には参加しないのですが、アルバイトの人や社員さんは夜中までやっていたと聞いて、大変だなと思いました。

30代/女性/神奈川/アパレル

コスメ販売は残業がないと前から聞いていたのですが、イメージ通りでした。

以前はアパレルで働いていたのですが、やっぱりセールがないということやその他にも作業の量が少ないかなって感じです。

 

 

アパレルとコスメ販売の残業の理由って?

お仕事をする以上は全く残業しないのはむずかしいかもしれませんが、事前にどんな残業があるのかを知ることで「この程度なら許せる!」といった心構えをすることができます。

また、残業の理由を知っておくことで残業がたくさんあるお店を避けることができます。

不安なままお仕事を探すのではなく、安心してお仕事を探しましょう♪

 

接客の延長

販売職はお客さんへの接客がメインのお仕事になります。

そのため、定時の直前にお客様からのお問い合わせを受けたり、お客様へのご案内中に定時を過ぎてしまうことがあります。

しかし、30分や1時間も過ぎてしまうような残業ではありません。

また、シフトの入れ替えのタイミングでうまく引き継ぎをすることによって、限りなくゼロに近づけることができますので、普段からスタッフ同士のコミュニケーションを大切にしましょう。

 

商品管理

アパレルやコスメの販売では、メーカーに不良品の返却をしたり、足りない商品を近隣の店舗から取り寄せたり、商品管理のお仕事を現場の人が行います。

基本的には販売している時間の合間に行いますが、営業時間までにその作業が終わらないとお店の閉店後に残った作業を行います。

こういった作業で残業がしたくない場合は、お店の開店から夕方前を担当する早番といったシフトで勤務することで避けることができます。

 

棚卸(たなおろし)

お店にある商品の数を数えて、在庫を把握する作業のことを棚卸(たなおろし)といいます。

お店によって異なりますが、月に1回行うお店もあれば、半年に1回しか行わないお店もあります。

日中のお仕事の合間を見て作業をしますが、ほとんどの場合は棚卸の期限が決まっているため、期限に間に合わないようであれば、商品管理と同じように閉店後に作業を行います。

ただし、ユニクロのような大規模なお店は閉店後に棚卸しをする専門のアルバイトを雇い、販売のお仕事をしている人が棚卸しをしないようなお店もあります。

残業を避けるために販売のお仕事をしている人が棚卸しをするのかを聞いてみるのもいいかもしれません。

 

ディスプレイ変更

夏や冬のバーゲンや新商品の販売に合わせて、お店の商品を置く配置を変える作業をディスプレイ変更といいます。

少し商品の位置をかえる程度のディスプレイ変更であれば、接客の合間を見て行ったりますが、バーゲンに向けた大規模なディスプレイ変更は閉店後に行います。

この場合、閉店から開店までの間に行わなければならないために夜中まで作業が及ぶこともあります。

この場合も早番の勤務を希望することで大規模なディスプレイ変更による残業を避けることができます。

 

会議が終わらない

アパレルもコスメ販売も店内でスタッフ会議を行ったり、本社で社員を集めた会議を行うことがあります。

報告するだけの会議であればすぐに終わりますが、アイディアを出したり、話し合いをして意見を出し合う会議であれば、予定通りに終わらないことがたくさんあります。

もちろん、お店毎にその会議のタイミングや回数はことなりますので、働く前の面接などで聞いてみることによって、会議による残業は避けることができます。

 

残業内容に関する口コミ

30代/女性/愛知/コスメ

接客なので、お客様しだいというところはありますね。

ただ、うちのお店は10分で派遣会社から残業代の請求がお店にいくので、シフトの入れ替えと一緒にお客様への対応を代わってもらうことがほとんどです。

また、接客と言ってもお客さんとずっと話しているわけではないので、ちょっとした間を利用して入れ替わることが多いですね。

20代/女性/埼玉/アパレル

私の派遣先は結構人気のブランドなので、ディスプレイ変更や商品の移動などはたくさんあります。

ただ、私は派遣社員なので、ディスプレイ変更や商品の移動のために残業ということはほとんどないですね。

アルバイト時代にはシフト関係なくディスプレイ変更の手伝いをさせられていたので同じアパレルとは思えないくらい楽です。

30代/女性/千葉/アパレル

コスメ販売からアパレルにやってきたので、両方経験していますが、どちらもスタッフミーティングはありましたね。

コスメとアパレルで異なるというよりも店舗によって違うと思います。

なので一概にはいえませんが、10分程度みておけば問題ないところが多いと思います。

 

まとめ

アパレル・コスメ業界でも派遣なら残業はありません。

できるだけ残業のないお店を選んだら更に安心ですね。

残業ナシのお仕事は派遣会社に探してもらいましょう♪

 - 残業なし

  関連記事

残業のないオフィスワークなら受付への派遣?

目次1 受付はオフィスワーク派遣で残業がイチバン少ない?1.1 受付で働いている …

データ入力の派遣って残業どうなの?

目次1 派遣のデータ入力は残業の少ないお仕事?1.1 データ入力で働いている人の …

残業がイヤならコールセンターへの派遣がおすすめなワケ

目次1 コールセンターの派遣が残業少ないってホント?1.1 コールセンターでお仕 …

事務で残業がイヤなら、銀行事務への派遣がオススメ?

目次1 派遣事務で残業がしたくないなら銀行事務?1.1 銀行事務で働いている人の …